フロント業務鈑金塗装スタッフ採用募集中! 詳しくはお問い合わせください

匠の技術と最新設備機器との融合

鈑金塗装修理において求められるモノは、修繕箇所に対応する職人の技術力と、合理的な修理方法を導き出す判断力だと思います。
当社では新技術対応設備機器を用いて、お客様のご要望をお聞きした上でニーズに沿った対応を心掛けております。
個々のコストとの兼ね合いの元に、かならずやご満足して頂けるよう工法にも努力を積み重ねてまいります。

  1. GYS EVOLUTION PTIGyspot PTI Evolutionは、高強度鋼(UHSS/ボロン)の溶接要件に理想的なソリューションを提供します。そのCクランプにはハイテク変圧器が組み込まれており、16アンペアから25アンペアのヒューズのみで動作することができるため、限られた電源の問題にも対応できます。 EASYモードでの自動溶接パラメータ設定により、操作は非常に簡単です。
  2. X-431 PADⅤX-431 PAD VはAndroid 7.1に基づいて新たに開発された最上級の総合的な診断ツールで、幅広い車両範囲、強力な診断機能を備えています。IP65ケースは作業をより快適にする為に水や埃からの損傷を防ぎます。
  3. オフィス受付 / 事務所
  4. フロン回収機 PS134
  5. ヤシマ YSI-24 EZ
  6. SAIMA
  7. R-M オニキス(水性塗料)大手自動車メーカーの多くが「R-M」の自動車補修用塗料を世界各国の修理工場で採用しており、その品質は広く認められています。
  8. グローバルジグイタリアのフレーム修正機老舗メーカーBBM社の製品で、 世界で唯一の完全なユニバーサルジグシステム式のフレーム修正機です。
  9. John Bean V3400
PAGE TOP